読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモウトコロ

B'zファンサイトの管理人でしたがパスワードを見事に忘れて更新できないのでなんでもココで。ついったは@wmyss_ssymw

氣志團万博2016

今年で5年目の氣志團万博、今年も楽しかったデース。

続きを読む

スジガネーゼで稲ソロ話&EB'z

間が空いておりますがお陰様でそこそこ元気ですし、ポケモンは集めております。

  

ちょこちょこといろいろ観に行っておりましたのでその話とかをしようかと思ったのですが、先日オンエアされた氣志團翔やんがMCの「深夜喫茶スジガネーゼ」(フジテレビ系)で思わぬ稲葉っち話が出たのでそっちを。

ホルモンのナヲちゃん、湘南乃風のお二人を前に翔やんサマソニに出演した際の話。

  

翔やん「一回だけあります僕、大昔に一回だけ(出たこと)があって。

そん時B'zの稲葉さんもソロで出てて。

印象的だったのは…まぁすごい暑いじゃない。

したらずーっとね外でね、稲葉さんが椅子の上に座っててね。

なんかひなたぼっこみたいなのしてて。 

「お疲れ様です!」って言ったら 

稲:「…(暑さに)慣れとこうと思って…」って。

座ってて、すっげぇかわいかったの。

かと思ったら、そんなぽけーってしてたのに、だんだん出番近づくにつれて、そこですっげぇダッシュが始まって。アップしてるの。

だけどすっげぇかかとの靴で…あれで走れるんだ!ロックスターだね~!

それがサマソニの思い出、俺の中では。」

ナヲちゃんがあいづちで「おじいちゃんみたい」って言ってましたが、話だけ聞くと本当そうだ。あと、慣れるの…か…?

しかし、パブリックイメージと違う、「ファンである我々の知る稲葉像」に近くて実にほっこり。

  

そうそう、同じく氣志團翔やんプロデュースでもう一つ。

ユニコーンABEDONの50祭りをライブビューイングで観ましたが、そこの氣志團コーナーでもまさかのB'zネタ(EBIが稲葉役、テッシーがTAK役)がぶちこまれてましたので、ユニコーンあんまりわからん方にもCSでのオンエアの際はぜひご覧いただきたいもんです。

内容的には「B'zの曲メロやバッキングでユニコーンの曲(の中でもTMNをパロディにしたPTAという曲)を歌う」という難解かつ印税もかからない上に大爆笑のコーナー。

EBIの天然度とテッシーが松っちゃん風に弾くというあたりもすばらしく、映画館でひとり椅子から浮き上がるほど動揺アンド吹き出しました。

※以下翔やんインスタ:翔やん黒柳徹子

www.instagram.com

本当は怖い!チケットむかしばなし

こちらのナイス記事を受けて

easygoz.net

 

そういえば89年・90年の大昔のチケットを持ってたなと情報提供がてら引っ張り出してきました。

もちろん、ギラギラ肩パットブラザーズのライブには行っておりませんので、ヤフオクでだいぶ前に落札したありがたき先人のもの(しかも未使用・ラミネート済み)です。

  

この、二人の目張りが時代を感じさせる「OFF THE LOCK」ツアー

f:id:nihaichi:20160615012037j:plain

 

紙質が良いのが意外(逆に今のようにコンビニ各所等バウチャ印刷する技術がなかったからだと思われますが)。

歌舞伎町にいそうなホスト系写真がアツイですね。

 

そして↓これが「BREAK THROUGH」ツアー。

何故か先ほどのツアーと時代を逆行するかのようにモノクロです。

f:id:nihaichi:20160615003620j:plain

 

まだLIVE-GYMという言葉が定着していないのか、ハイフンがありませんね。

…そんなことを思っているうちは、まだよかったのです…

 

私は…気が付いてしまったのです。

このチケットが持つ恐ろしい事実を…

 

f:id:nihaichi:20160615004908j:plain

えっ…!!!

そんな、そんなバカな…!!!!

 

f:id:nihaichi:20160615005128j:plain

TAKAHIRO MASUMOTO

 

タカヒロモト

 

タック マモ~ト

 

ああ、なんということでしょう…!恐ろしい!!

よりにもよってリーダーの御名を…!!

気の抜けた感じに間違えるなんて!!!!

BREAK 「T」HROUGHしすぎ!!!

…このチケットの文字校正を行った者がどうなったのかは…誰も知らない…

(※最初から知らない)

 

ちな裏側はこんなん

f:id:nihaichi:20160615010907j:plain

サンキュープライス! 消費税3% ヒュ~ゥ!(溢れだす昭和感)

 

 

 

 

俺たちの国芳わたしの国貞

そういや書くの忘れてた。

行ってきました、くにくに展。
f:id:nihaichi:20160611232322j:image
 
前売り買ってたんですけど、義母上も行きたいってなもんで、急遽当日券も買って車でゴー。
道中手間取って、完璧な朝一とはいきませんでしたが、1030位に会場着。
腰が悪い義母上も一緒なので混雑具合が気になるところでしたが、スムースに入場できました。
 
ただ、中が比較的狭いため、絵の前はそこそこ人だかり。とはいえ、奥から好きな展示を見るように促してたのもあってか、順番通りに見なければ間近で見られるチャンスもそこそこありました。
 
だけども入り口近くが妖怪がらみの人気高い絵が集中してるってのは参ったなぁ。
同様に判じ絵的なカテゴリのも大層人だかりが。
 
個人的には国芳のねこ絵とか擬人化モノが好きなもんで、ちょいと物足りなかったんですけど、役者絵の艶っぽさとか、初雪の絵からちょっと当時の日常が透けて見えるあたりとかが感じられたのは良かったなと。
あとは今回のこの2人の絵をビビッドなキービジュアルに仕上げたデザイナーさん優勝ですな。
 
物販コーナー、こちらも手狭で大混雑だったんですけど、数少ないスペースの一角を我らがボスのCDがどーんと占めてたのはちょっと笑いました。えにぐま!
 
ボスの曲が流れるっていうんで、音声ガイド使おうか迷ったんですが、ライブから間もない今のテンションだと、曲が流れた途端にリズムを小刻みに取り出す不審な動きをする客になりかねないな、と判断して止めました。
たぶん、正解だったと思います☆
 
f:id:nihaichi:20160611232303j:image

さがしもの

実に困った。

さがしてるのにぃ…ないじゃない。

EPIC NIGHTを連夜観るシリーズを開催して気が付いたけど、スピーカーのリモコンが見つからない。

センタースピーカーの出力がおかしい。

「そういやリモコンで調節が必要だったような…まぁいいか」と、自分をだましだまし見ていたものの、我慢ならず探し出したけど、ない。

それっぽいところを探したがない…

代わりに、「今それは探してないけど…あったんかい!」的なものは見つかった。

 

f:id:nihaichi:20160607222527j:image

 

よぅご無沙汰!フロッピーディスク

お若い人はもしかしたら見たことないんじゃないだろうか。

CD-RもUSBメモリもない時代はこれに…記録していたのですよ…

当時のB'z公式サイトで公開されていた写真が詰まっている…はずです。

わかりません。もうフロッピーディスクドライブなんてないから。

おそらくこれにはブラフツアーの写真が入っているのでしょう。

 

f:id:nihaichi:20160607222531j:image

 

SURVIVEツアーですね。

この頃の自分、殴りたいよね。

「PCのスロットに色鉛筆で塗ったモノ入れるなんて…バカか!」

 

f:id:nihaichi:20160607222536j:image

 

そうそう、当時の公式には「Hi!THERE」って写真コーナーがあったんでした。

この頃の自分も殴るよね。

「なんだこのフォントのチョイス!あとスペル間違ってる!バカか!」

(※スペルミスは今もしょっちゅうだけどな!)

 

ほかにも「Web Comic The Mixture」と書かれたものも出てきました。

ものっすごいぼんやりとしか覚えてないけど、確かにそんなコーナーもあった気がする。

一番好きだったのは松ちゃんのギターコレクションのページ。

あれはまた復活させてくんないかなぁ。

あれはどこかに保存しているはず。

…さて、これをサルベージする方法を今のうちに確保しておかないと…な…

 

f:id:nihaichi:20160607234413j:plain

WebArchive、死ぬほど懐かしい。

B'z website -Tour Report-

 

B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-やっと観た系(第2夜)

というわけで、昨日に続き「全然先にすすめないので観終わらなかったEPICブルーレイ」、本日先ほどラストまで再生し終えました。

続きを読む

B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-やっと観た系

観た。ようやく観た。

買ったのは多分発売日付近だったのですが、古式ゆかしくとあることを願掛けしておりまして、観られませんでした。

晴れてこの度、部屋を暗くして、古いスピーカーシステムの電源を入れて、いただきもののおいしい紅茶をミルクったっぷりで淹れて一人鑑賞会。

続きを読む