読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモウトコロ

B'zファンサイトの管理人でしたがパスワードを見事に忘れて更新できないのでなんでもココで。ついったは@wmyss_ssymw

栃木・蔵の街かど映画祭3「BLACK BORDERSと大画面でユニコーンライブをみる夕べ」幸編(10.10)

後編でございます。
やっぱりスゲェ長いんだぜ!

野田君の「僕の質問ばかりでもあれなんで」、開演前にお客さんから集めた(らしい)質問に答えることに。

◇シャンブルの中でやっていて楽しい曲はなんですか?

川:「"好きな"じゃなくて"楽しい"だよね。
(腕を曲げて力を入れる仕草で)こう〜なる曲じゃなくて"楽しい"なら
『最後の日』。
客席からは納得の「あ〜」という声。
川:「曲があんなに楽しい感じなのに、歌詞がああでしょ。そのギャップ(的なニュアンスだった;)
がいいよね」
野:「民生さんの歌詞の才能は本当にすばらしい」

◇メンバーの中でクセのある人

川:「う〜〜〜ん…」と考え込むKK。
野:「民生さんとかは?」
川:「民生?うーん、絶対何かあると思うんだけど…」と浮かばない様子。
野:「誰でもいいですよ、特徴のある人」
川:「!…EBIかなぁ。喋ってる時、こうやる!(と言って髪をかき上げる仕草)
やるよね!?(笑)」

◇EBIイズ天然

たぶんこのクセ話の流れだったと思うんですが

・川:「EBIの天然はすごい。
打ち上げで、僕と民生とEBIと媒体の人で話をしていたら、全然噛み合わないの(笑)。
それで民生が「噛み合っとらんやんけ!」ってつっこんだら、
EBIが
『だってオレ天然だもん!!』

(笑)」

・川:「髭(HiGE)の須藤君とEBIと僕とで札幌で飲んだことがあって、その後須藤君が
「EBIさん、この間の札幌の話なんですけど…」って話したら、全然覚えてなかった(笑)

・野:「EBIさんはスゴイ。ハンパない。楽しんでやってますよね。
この間の(50歳の)武道館で、ユニコーンのメンバーで一番入りが早かったのはEBIさん(KK除く)。
僕はBBで早く入っていたので、ケータリングでお茶を飲んでいたら、向こうからEBIさんが、
スゴイ高い声で
「ノーダーくーん!!」
って(笑)」
スンゴイ高い声でスゴイハイテンションだったらしい。

・川:「もうオンエアされたかな?インタビューで質問にフリップで答えるやつで、
『復活して、メンバーの中で一番喜んでいるのは?』という問いに、
僕は「EBI」って書いたのかな?
それではい、どうぞ!ってフリップ出したら、EBIの答えが
『両 親』
(笑)
『お前何も聞いとらんやんか!"メンバー"言うとるやないか!』って言ったら
『そうだっけ?』(笑)司会の人も大爆笑。」
たぶん「めざましどようび」の話ですな。

◇シャンブルの中で好きな曲はなんですか?

川:「HELLOかな」

◇好きなお酒はなんですか?
野:「ビール?」
川:「一杯目はまぁみんなと同じで普通にだけど、腹に溜まるから好きじゃない。
焼酎かな?…ワインだ!
最近EBIと大体3次会ぐらいまで行くんだけど(!!)、2人で赤ワイン飲んでる。」
野:「EBIさんはいつも赤ワインのイメージ。
(何かの飲み会の話をして)ずっとワイングラスを振ってる。
よくご存知だから、振ることで遠心力で香りを楽しんでいるんだと思うんですが、
すごいのはグイングインとグラスを振ってるけど、ワインをこぼさないんです!」
川:「話聞かないでずっとグラスを見てるからじゃない?(笑)」

◇スタバでは何を飲みますか
川:「なんだっけ…夏は…コーヒーゼリーフラペチーノ!
そのメニューができる前はカフェアメリカーノを濃くしてもらう」
野:「僕はあまりコーヒーを飲まなかったんですが、スタバで飲むようになったら習慣になった」
川:「タバコ吸えたらもっと行くんだけどね」
野:「外でタバコ吸ってますもんね」
川:「ユニコーンチームは本当に時代に逆行していて、ツアーで現地のスタッフ、アルバイトとかで
来てくれる人は除いて、東京から固定のスタッフ40人中35人が喫煙者!」
野:「武道館の楽屋がユニコーンPUFFY、ゲスト、スモーキングルームの順。
僕はユニコーンさんと一緒だったんですが、殆ど誰もいない(笑)」
川:「いっそスモーキングルームを楽屋にすればよかったのに(笑)ダメだよね(笑)」

◇勤労衣装と今後

川:「やりにくかったのは「手島」だな。ウエスタンブーツに細いパンツに革ジャンにかつら…
叩けるわけないじゃん!(笑)
(石川)遼くんは大丈夫だった。
やりやすかったのは「学生服」。ジャケット脱いじゃえばシャツ一枚だから、楽勝。」
野:「僕が見たのはあと神戸でポパイとか」
川:「アレ、帽子を用意しなかったから、「やすし」のを逆にして被ったらパン屋さんにしか見えない。
ちゃんとここが(と首の後ろあたりをなぞって)セーラー服になってたんだけどね」
野:「これからの衣装は?」
川:「何も決まってないからねぇ。本当19,20日終わったらしばらく何もない。
だからその3日後くらいに電話してやろうと思って。『そろそろ曲作らない?』って♪
打ち上げでもきっと、誰もどうするかは話さないで、『じゃーねー!またねー!』ってなるじゃない?
で、3日くらいしたら電話するの。3日間オフあれば「オフだー!」ってなってるでしょ?。
だから『そろそろ曲作らない?』って。」

元リーダー、やる気ですぜ!

◇KK50祭
野:「KK50祭の最中ですが。」
川:「もう半分終わったね。髭の須藤くんが「お客さんあったかかった」って言ってた」
野:「本当、ユニコーンのお客さんはあったかかったです。
僕は余計なことを言わないように(?やらないようにかな?)しようって気を張ってたけど問題なかった。」
川:「そうだね、普段BBはライブハウスだからね。いきなり武道館。」
野:「そうですよ!」
川:「『ライブハウス武道館へようこそ!』って?(笑)氷室ックみたい(笑)」
野:「それもこれもユニコーンがお客さんに愛されているからですね」
川:「ユニコーンは愛されてるし、オレも愛してる。
自分の誕生日を武道館と城ホールでやってもらうなんて。
これもいつも見にきてくれるみんなのお陰。他のバンドではできないよね。
だって40分も喋って「オチはないからな!(BY阿部)」なんて言うバンドないよ!」

ううっ…こうさらりと言われるとワンフーでよかったと(涙)

・しかしとにかくいろいろ大変だったそうで
川:「”ドラムを5時間叩いてください”だったら余裕だけど、段取りが覚えられなくて。
まだ(大阪が)あるからあんまり言えないけど…アレとか、コレとか、ね(笑)」
野:「あの、聞きたくない人は耳をふさいでてください(笑)」
川:「ふさぎながら『キャー』って言ってて!(笑)
舞台監督にJメンていう昔からやってるヤツがいるんだけど、
『オレ段取り覚えられない』って言ったら、Jメンが『大丈夫です!僕が全部伝えますから!』って。
最近やっと慣れて楽しくなってきた。」
野:「ずっと川西さん出ずっぱりですもんね。祝われる方が大変(笑)」
川:「『大変だ!祭りが来るぞ!』って次からサバ読んだりして(笑)
『○歳ですよね?』『イヤイヤイヤイヤ!まだです!』なんて(笑)。

次の50歳は手島だけど、この間打ち上げでみんなと喋っていた時に、
『手島の50歳を忘れて、52歳くらいで「忘れてたー!」って言ってやる』て話になった(笑)
そしたら本人「わしゃそれでいいけん」て(笑)
民生とEBIはダブルで50歳来るでしょ?だから「半世紀」じゃなくて「1世紀」になる!」

・川:「19日と20日の打ち上げが怖いよ〜。
その前にも12日のアストロホールでDe+LAXとやるでしょ?
BOOWYのまことさんがいるんだけど…めちゃくちゃ飲むからなぁ〜
…怖い…じゃなくて"楽しみ"!(笑)それで19,20…14日の福岡もあるじゃん!」

と、福岡なんちゃってGROUNDの話へ
川:「HIGHER GROUNDがつぶれちゃったから…九州あれ一本だったからね。
900人くらいしか入らない小さいところで申し訳ないけど…もう大きな会場が取れなかった。
行けないって人もいるかも知れないけれど、これででも行けるかもしれないからね。」
野:「でも僕、福岡に住んでたことがあるんで分かるんですけれど、LOGOS、音、漏れまくりですよ!」
川:「(笑)
…でもこんなところで言っていいのか分からないけれど、赤字だって。
そうだよね、機材運ぶし、スタッフ行くし。
元々は大阪でサマソニあったじゃない?
オレと手島は仕事があって、スタッフと一緒に帰った。
残ったのが民生と阿部とEBIと原田さん、そしてNO.2の銀ちゃん。
その打ち上げで「やろう!」ってスゴイ盛り上がったらしくて、
そのまま「LOGOSの○○さんに電話だ!」って会場を押さえたんだって。
だからオレ、全然知らなかった。
マネージャーに「川西さん、これこれこうだっていうんですけど…」
「マジで!?」って。でも良い事だよ。」

川:「今度は全国を回りたいね。ZEPPとかAXくらいの大きさで。
1週間ずつやっていく(笑)…全県どのくらいかかるんだ?…あとで計算します(笑)」

◇半世紀少年
野:「半世紀少年もすごい内容」
川:「あれは勤労ツアーで僕とEBIがチャラチャラやってたのがきっかけ。
最近嬉しかったことは、僕は犬とふたり暮らしで…「ズー」っていうんですけど。
30kgあるゴールデンレトリバー(??自信ない、デカイ犬種だったはず;)のメス、7歳ね♪
それで(帰宅が遅くなるので?)出かける時にいつも電気全部つけて、J-WAVEかけてる。
ボリュームこれくらいかな、とか調節して。
それで『行ってくるねー!』って言って家を出ようとしたら、半世紀少年がかかった。♪輝いてる太陽!って!」

野:「すごい!僕最近すごいな、と思ったのは、武道館の打ち上げ終わって、
(川:台風の日?/野:そうです)タクシーに乗って帰ったんです。夜中。
それでソファーで寝て、TVつけたら前日の様子が流れてたんです!うわ、早い!って。
それで僕はいつも世の中の情報をと思ってスポーツ新聞を買いに行くんですが、
買ってきたら「川西50歳ユニコーンが祝う」って(笑)
「前座:PUFFYくるり、BLACK BORDERS」って載ってた」
川:「前座って!いまどき「前座」って言わないよね!せめてオープニングアクトって言って!
しかしBBもPUFFYさんとくるりさんと同列になるとは!」

…と延々続くトークにご本人も気がついたらしく、
川:「これいつまでも喋ってるね。そろそろちょっとなんか(演奏)やりましょうか。
…トイレ行ってもいい?(笑)戻ってきたら、30秒くらい話してやりましょう。」

と一旦ハケる。
その後野田君はエレアコかな?(シールドはあったがあまり見ない形のギターだったので)、
KKはドラムセットへ。モニタ一個、ほぼ生音のシンプルセッティング。
ちなみに
川:「この学校、99年くらい(?)の歴史があるそうで、音楽をやるのは初めてらしいです。
チャラチャラした音楽は(笑)」
とのこと。
確かに歴代の校長先生の肖像画があるなど、歴史を感じる建物でした。なんと、有形文化財
それを考慮したのか、スティックはブラシと中間のブラスティック使用。

野:「今回こうしてユニコーンさんの映像を見るという会で、僕はおまけみたいなものなんですが;、
ブラックボーダーズの曲をやらせて頂きます!」
と語る野田くんに
川:「…マイクのシールドがくるくるしてるのが気になる…」というツッコミ。
くるくるを直していざライブへ。
曲は…すんません、曲名不明;
武道館で披露していた曲(コールアンドレスポンスだらけの曲:笑)も含めて3曲披露。
超じーっと見てしまいました。なにあの手数。セットシンプルだっつのに。
ですがどちらかというと力を抜いて楽しみながら叩いていた印象。
時折ちらりとこちらを向いて笑顔を見せてくれましたよ49歳。
思ったより音も無駄に響かず聞こえました。

BBのインフォも挟んで
野:「…AXでのライブに来てください!
今日のお客さんはずっと顔を見て覚えたので(笑)、来てくださると信じております!」
…さ、三月の予定を空けておくよ…野田君…!

ライブ後、野田君の「締めの言葉をお願いします!」を受けて最後のKKトーク。
川:「オレ、最近締めの言葉ばっかり言ってるなぁ(笑)
…こんなに集まってくれてありがとうございました。
みんなで映像を見るっていう機会はなかなかないので…」ということを。
…せっかくの締めの言葉をあんまり覚えてないってどうよ、わたし;
こうして、おおよそ4時間に渡るイベントが終了したのでありました。

感想:
ふぃ〜、よぉし結構覚えてるほうじゃないのか!?自画じーさん (C)KK
ただすみません、本気で時系列とかは滅茶苦茶かと。

もう興奮、超興奮。
友達とふたり、終わって帰る道すがらまで変な汗かいてました。

何の気なしに行くことになったんですが、とんでもない幸運に慌てるばかり。

目の前で足を組んで座る様子、映像を見ながらリズムを取るブーツの先、指をCの形にしてリズムをとる指先
…しかまともに見られませんでした。
顔を拝むなどドッキドキ☆で見られんわい!という。くぅう!
49とはとても思えん若さ、細い体でらっさいました。
しかも「どうせMCの娘の進行で、上映後に2,30分くらい喋るだけだろう」とタカをくくっていたら、
あんな話、こんな話など濃い話を濃い相方の進行でたっぷり聞かせてくれるとは。
野田君が進行ということで、川西さんもまるで「居酒屋で話してくれているような」スタンスでいてくださったもんで、
大変有難かったです。
中身も抽象的でなく、かなり具体的に話をしてくれました。
何よりユニコーンの再始動が本当に楽しくやれているというのが十二分にも伝わってきて、
わたしゃよ、よ、よ…と涙が出んばかりの感激。
野田君のパイプ椅子がコードを踏んでるのを指摘したり、落ちた質問用紙を拾ったりと
非常に人間的な部分まで垣間見ることもできて「頑張れ必死で忘れるな私の脳内HDD!」状態。
しかも幸運にも、その日の夜はTVでも「さっき見た人」を見るということになり、友達となんだか
とても不思議な感覚に陥ったのでありました。

「こんなに幸福だと後が怖いよ〜」「大丈夫ッ!今までの不幸が還元されただけよッ!」などと話をして、
キンモクセイ香る栃木の夜は更けました。
栃木、最高ッ!(←EBI風に)
映画祭スタッフの方々に大感謝!