読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモウトコロ

B'zファンサイトの管理人でしたがパスワードを見事に忘れて更新できないのでなんでもココで。ついったは@wmyss_ssymw

BLACK BORDERS GREAT ADVENTURE TOUR2010@SHIBUYA-AX(3.19)


わたくし、川西大明神にそろそろ何かお布施するべきかもしれない。
とちぎ映画祭で野田くんが「来てください!」と言っていたので本当に参加。
BBとしては50祭と↑のイベントでしか見たことがないので実質初めてに近い。
  
当日券が売られていたので、満員とまでは行かなかった様子。
9対1で女性が圧倒的に多かった。
開演前はたぶんUKのポップロックっぽい曲。全然知らないのばっかだった。
  
ドラムセット上手、ギターボーカル下手。
両脇に短い花道あり。
突如暗転して開演。
野田くんは黒のアイバニーズ、川西さんは勿論Tama製だけど胴がパールホワイト。
レコーディングか!てなくらいのマイクの本数はさすが。
  
んで曲なんですが…すみません、最新アルバムしか持ってないので不明
…ということで省略。
新曲2曲あり。
 
新曲1は、花道の上手側に「ボク、そっちがわあんまり行ったことないんで」野田くんが、
下手側に川西さんが…
「最初からドラムがそこにセッティングしてあると、
(花道前のお客さんが)見切れるでしょ?」
という配慮の元、まさかの自分でドラムをセッティング!
モニタも、拾うマイクもなしの生音で披露。
うぉう、なんとレア!
  
ユニコーンマーク入りの1バス、1スネア、1ハイハット(ってもなんか口径デカイやつ)。
セッティング前、何故かわざわざ野田くんの目の前までやってきて、
  
「最近、スキップした?」と謎の問いかけをして去る川西。
  
曲タイトルは「WON'T BE LONG」。
タイトル発表時、バブルガムを思い出して会場は…
  
野田:「モヤッとしてますね(笑)
マネージャーさんにも曲タイトル言ったらモヤッとされました(笑)」
何故か川西さん、聞き間違えて
「え?スキット?スキッドロウ?スキャトマン?」という場面も。
  
ちなみになぜユニコーンマーク入りだったかというと
「だってそんなに持ってない。BB用とこれと、PUFFYちゃんの。」とのこと。
  
新曲2はENC1曲目。
野田:「これから新曲をやりますが…
モヤッとした反応になるのもあれなんで、サビ前でボクが「やいのっ!」って言います(笑)
「やいの」にウケる川西さん。
曲中、本当に「やいの!」と言っていた(笑)
♪I don't care it's too late 〜♪go away〜というサビ。

ダブルアンコールで登場した川西さん、着ていたTシャツを脱いで客席に投げ入れる。
野田くんは水やピックなど。
最後には
川西:「フォーライフが、今日のワンマンに向けて手拭いを作ってきてくれたんだよね。
だけど数が少ないから…」と投げ入れ。
まあこの位置までは届かぬじゃろうとは思いつつ、両手を挙げて待ってたら
  
ひゅー…
  
ガッシリ
  
つ、掴めちまったあああああ
争いなく、ど真ん中ばっちり。
ひいいいいい!
なんかすいませぇぇぇん

ふ、震えてしまうわい…だって…数あるライブの中で
…自分で掴んだの人生初ッ!
稲葉先生!私ッ!教え通りにきちんと掴んだよぉぉ!(←Bさんレポ参照)
  

  
一緒に行った友人と共に、この一連の川西運の強さに震えるほど。
逆に怖いって!嬉しいけど!

以下その他MC概要。
  
・デュオはいい
→5人組だと3対2とかになる
  
・REC合宿だった
→通販番組を見ながら打ち上げてた。
  
クックなんちゃらというレンジで魚が焼ける!ものを2人とも購入。
ディズニーの時計、ダイヤ5個入りで7800円は安すぎて胡散臭かった
  
・生音でやりたい
モリッシー武道館公演を見て川西さんが思った。
が、「モリッシー」を思い出せずしばらくなんだっけタイム
  
・野田くんのクリスマスプレゼント→
昔、ファミコンがほしくて親にも告げたが、朝見たら「やじろべえ」が置かれてた。
鉄製の。
朝ごはんをボイコットまで考えてたところ、兄貴は何を貰えただろうと思いつき、
行ってみたら…そこにはやじろべえを持った兄が。
  
ユニコーン年末Mステ
→騙されたぁああと振り返るKK。
座る順などはいつもじゃんけんで決めているが、
前向きにも勝った人から階段を降りて登場することに。
白いタキシードみたいな格好だったので、腕組みして出よう!と決定。
勝ったKKは堀内くん(←何故かこう呼んだ)と腕組みして出た。
残る3人は…
異変を察知したエビが振り返ると、ふつうに降りてくる3人の姿が。
騙された〜!
「ただ、自分もあっち側だったら騙してた(笑)」
とのこと。
ユニコーンのいいところは天狗になってないところ。
オフは普通のおっさん。
あ!ステージでもそうか。
  
・大人になって、スキップしなくなった。
逆上がりを先日しらふでやってみた野田くん。
できて嬉しかったがやりすぎて気持ち悪くなった
  
・告知
→フルアルバムが出る。
「GoToGo」というタイトルだが、発売日が惜しいことに「5/26」。
いっそ「GoToRock」にすれば成立→ポリシーねぇ!
川西:「流通の関係?」→多分そう(水曜日)。
  
・教習所へ通っていた野田くん
→格好からして珍しいので、それなりに声をかけられたらしいが、
「普段は何やってるんですか?」の声に
「特に何もやっていない」と答えた。
KKは「(ミュージシャンと名乗るのが)恥ずかしいもんね」とうなずく。
KKの弟も、サーフショップをやっている関係でSMAP木村くんと仲が良いが、
KKが兄だということは伏せていた
→スマスマ出演時、兄弟で木村くんに話しかけて、明かしたら相当驚かれた。
  
AC/DCを見た川西さん。
凄かった〜!連発。
アンガスのパンツも見たし!とのこと
(※TheJackという曲でストリップをするのが定番)
AC/DC・Tシャツで参加の私、大歓喜ッ!。
  
他にも沢山喋っていた。
KK50祭〜のこと、結成2年でAXワンマンをやれて嬉しいということ、
数字語呂合わせの話(音響さんは「1133」とか大事にする等)から合宿の様子まで。
野田くん、若干のフィーバーっぷりに外野からいろいろ言われたようで、
「何と言われても…」という台詞も飛び出してました。
何にせよ、盛りだくさん。ファイナルだからなのか普段からそうなのか…お徳感満載。
3時間はやってたんでないかと。
  
感想
  
予習ほぼゼロで臨みましたが、無問題でした。
ポップパンクなので、リズムに乗れればこっちのものという。
あとMCが長くて驚いた。

野田くんをフルライブで見るのは実は約10年ぶりでしたが、歌、よくなったなぁと。
技巧派でも残念ながら美声でもないけども、得意とする方向性を咀嚼したうえで、
彼らしさが出てるかと。
正直そのジャイステ期、彼の歌は受け付けられなかったんですが…
まあ私の年のせいもあるかもしれんが…ニコニコ聞けました。
「謙遜系ロッカー」としていいキャラにもなってたし。
ギターについては殆どカッティングだけだったので言及しない。
  
川西さんはこの度ガンガン見させていただいた。
ロックドラムのグルーヴ感ではピカイチであるとは勿論思ってましたが、
構成力も半端ないと実感しました。
ヒッティングの力強さに目が行ってましたが、実は繊細だった。
クソカッコイイ50だよ!
  
あとはそうね…何故か川西さんがポエムを読むコーナーがあったんだけど
…目が点になった。リアクションできず。
今回で最後的なことを言ってたのでほっとしたけども…
  
とにかく、手拭いのサプライズも含め、楽しく過ごせました。
また行きますわい。