読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモウトコロ

B'zファンサイトの管理人でしたがパスワードを見事に忘れて更新できないのでなんでもココで。ついったは@wmyss_ssymw

AEROSONIC@QVCマリンフィールド ライブレポ

Bさん

ちうわけでサイトにUPできないのでここに書くことにします。
メモなし記憶のみなので違ってたらご勘弁。
あとセトリ書いてますよ(ドームツアーと一緒かどうかは知らんです)

    

11年ぶりのB'zとAEROSMITHの競演!ということで、なによりも
「えっ そんなバカな…まだ5.6年くらいじゃないの?(°_°) 」
という感想が先に立った者です。
お久しぶりです。
  
実は今回 「行くか行かないか」 について非常に悩みました。
何故なら、その2日後に同じ場所で行われるサマソニに行くことが先に決定してたからです。
夏に中一日空けてのマリンスタジアムはキツイ…
しかも、同日にはチープトリックがクラブギグをやると聞いて更に迷ったのです。
  
とりあえず
「社会人のファンがメイン層のこのメンツで、しかも会場がマリンで木曜日なら…チケットは余る!」
という賭けに出たところ、案の定余ったので、ギリギリ…まで悩んだのでありました。
  
それだけ悩みまくってたのに、MステSPでのB'z25周年SPを観たところ、
「こりゃあ観なきゃなるめぇ、今のB'z観なきゃあなるめぇ」と即効でコンビニへ行き、発券しましたとさ。
だってよいパフォーマンスだったんだもの。みつを。
  
当日は誰もが身構えていた雨に降られることもなく、海から吹き下ろすマリン風爽やか。
とはいえ、猛暑日の続く中、17:30というまだ日が出ている状態でのスタートなので、
正直「これは熱中症的なヤツがヤバイかも」という身構えのほうが大きかったかもしれません。
  
ちなみに席種は悩んだせいもあって、A席。
サマソニなかったら迷いなくアリーナスタンディング狙いましたが、
4時間くらいと予想される公演時間を乗りきる自信なく。
結果2階の端オブ端でしたが、問題なくよう見えました( ´ ▽ ` )ノ
  
周りはエアロ目当てと思しきおじさま、後ろにはやたらやかましい外国人、
親子と思しきB'zファンというバラバラな顔ぶれ。
  
たしかほぼ定刻スタート。
2階席からはそりゃまあアリーナの様子がよく見えるのですが、SEの出音が大きくなってきた途端、
前方に向かって押し寄せる人波の「ドドドド感」ったら半端なかった。
圧縮ここに極まれり状態。
ちなみにSEはFREEのAll Right Now。
まだ陽が沈まぬ夕暮れ空のなか、元気にB'z登場。
バックドロップは25周年ロゴ。OP映像がありましたが全然思い出せません…
  
…と、本来ならここからいろいろ曲ごとにレポートしたいところですが、残念ながら今回じつに覚えてない。
というか、その後サマソニがすぐだったのと、これに行くために会社を休んだ分残業しまくったがため、
覚えているうちにレポ書けませんでした…
というわけでイラストでもろもろ補てんしたく候。
しかも私のいた下手側、稲葉さん側ということと、ビジョンではあまりボスのお姿を抜いてくれませんでしたので、
基本稲葉っちよりのレポになります。
  
今回全編にわたり、1番印象的だったのは稲葉っちの「笑顔」。
終始口空けてニッコリ!という満開っぷり。
とにかく「楽しい!楽しい!楽しい!」という文字が浮き出してた稲葉っちの
行動を中心にお送りいたします。
  
  
★はしゃぎぎみだった稲葉氏の行動 その1「ボスと肩を寄せ合う」

  
ボスの肩を抱いて顔を傾け、嬉しそうにしている画をみて、本当に今日を楽しんでるんだなぁと。
2度3度やってましたが、「がっしり」という感じで毎度肩を抱くので、若干ボスが逃げ腰でした。
あまり感情を全開にする人ではないと思っているので、
はじけんばかりの笑顔はかなりのインパクト。
  

★はしゃぎぎみだった稲葉氏の行動 その2「へそ出し」
  

中盤、暑さのせいもあってか?やたらTシャツを捲り上げてヘソをだす。
MC中に、曲中にと、やたらめくるめくる。
パタパタと擬音出てそうなくらい。
「ほーらサービスですよーウフフフフ」とでも言ってそうでした。
  

★はしゃぎぎみだった稲葉氏の行動 その3「客を観察」
  
私は舞台向かって左手の下手側だったのですが、
下手の花道で急にヤンキー座りをして、観客を眺める
という謎の行動が観察されました。
顔はもちろん笑顔。ニヤニヤしてました。
これもあんまり見た事ないなぁ、と。
  
★はしゃぎぎみだった稲葉氏の行動 その4「じたばた」
  

後半の曲だったかと思いますが、転がし(モニター)の上に寝そべって足をジタバタ。
「はしゃぐんじゃないよ」、というボスの声が聴こえてきそうでした。
  

★はしゃぎぎみだった稲葉氏の行動 その5「MCの語尾が『ヘヘッ』」  

今回、定番の「B'zのLIVE-GYMに〜」とかはなく、
「ここに集まってくれてありがとう」「先輩とやれてうれしい」的なMCだったのですが、
都度都度「…ヘヘッ」ってちっちゃく入ってるのを聞いて
「これは…本日この方、お気持ちが小僧時代に戻ってらっしゃる!」と思ったのでした。
ちなみに「どうもありがとう」ときちんと言うので、私の後ろの外国人が
「ドモアリガトー」とマネをしまくっててうるさかったです。
  

では以下、セトリをいつもながら拝借して一言ずつおぼえてることだけ。
マリン風で若干音が流れるものの、全体的には素晴らしいパフォーマンスだったと思います。
  
01. Q&A
  
うむ順当、順当である と爆発力のあるイントロを聞きながら思ってました。
  
  
02. F・E・A・R
  
イントロ聞いて驚く。お久しぶり。
  
パイロガンガン燃え上って暑そう。
というか、このあたりでもう、暑さのせいかアリーナからバンバン人が担ぎだされてました。
捕えられた宇宙人状態の人、ぐったりしてお姫様だっこされてる人、
セキュリティに引き上げられてる人…
圧縮の影響というよりは熱中症っぽく見えました。
  
決めどころをビシッと決めてくれるバリーの音をもっとちゃんと聞いておけばよかった…
アウトロ前、SHALL WE DANCE WITH ME?といいながら、真正面を見て手を差し出す。
  
MC
ようこそいらっしゃいました的な。  
  
03. LADY NAVIGATION
  
イントロで吹く。予想できるか!
こちら初めまして(たぶん)。
これは吹いた。普通に吹いた。
やると1mmも思ってなかったので新鮮に「フレッシュ!」って合いの手を入れる楽しさよ。
  

04. ZERO

イントロで二人はくるくる回らなかったよ。
君のウチには突っ込んでおられましたが、カメラは全身像を抜いてなかったあたり、
今日のカメラマンさんはツアーのスタッフさんではないんだろうなと察する夏。
この時も飛んだり跳ねたり腹を見せつけたりの稲葉さん。
  
05. BLOWIN'
  
アウトロで「BLOWIN' IN THE WIND」の部分を客席と掛け合い。
そのせいで、私の後ろの外国人が「彼はBLOWIN' IN THE WINDって歌ってなかったか?HAHAHA!」と
盛り上がってました。
そうだよ、大正解だからちょっと黙れ!と私がキレ気味になる惨事発生。

  
06. MY LONELY TOWN
  
イイと思うの。とってもイイと思うの。
このバンドでの力量が伝わりやすい曲だと思うので好きです。
  
07. GOLD
  
ぬほー!
わたくし初めてライブで聴いたんだそうです(Mさん情報)。
ちょうど日暮れだから美しい。
それからこれか次の「月見」かだと思いましたが、マイクをしっかり握りしめて
足を伸ばす歌唱方してました。久しぶりに。
  
08. 今夜月の見える丘に
  

MC
  
09. ねがい
  
ギターソロ長めにブルージーに。
あれ?マラカス振ってたのはこれだっけか…?なんかもっと前の方の曲だった気もする。
(FEARとかかも。)
  
OH!YEAH!の掛け合いあたりから徐々にボスに近寄り頬を摺り寄せる稲葉さん。
んでもって、このころにはすでにTシャツの襟の部分が、いつの間にかでろんでろんになってました。
遠目Tシャツっぽかったけどうやら前開きのシャツだったのね。
  

10. 裸足の女神
  
センターの花道で肩を組むB'z。
「デヘヘヘヘ」的な擬音が聞こえた気がするほどのまぶしい笑顔。
会場からの悲鳴にも似た歓声もすごい。
  
「ちょっと歌いませんか」みたいなMCあった気がする。
おなじみ稲葉っちがボスにドリルを渡すシーンでは、稲葉っちが下手側花道から猛ダッシュで
ドラムセットまで戻るお姿が。
そしてなんかその慌てっぷりすらわざとで、楽しんでいる感にじみ出てる、っていうね。
  
MC
(なんか覚えてる感じだけですが)
「僕たちB'zは25周年を迎えられました。
でもまだまだ30年、40年…という先輩がいるので、25年なんて大したこたぁねぇな。
今日はその先輩…(ヘヘッ)大先輩と一緒に、同じステージに立てて嬉しいです。
ここに集まっていただいた、みなさんのおかけです。
どうもありがとう。」
  
11. イチブトゼンブ
  
「一つありゃいいのに」ではいつもながら天を指さす稲葉さん。
イントロでの会場の反応がやっぱりすごいなぁ。
  
12.パーフェクトライフ
  
こういうのいいと思うの。もっとやっちゃってください。
「プラスにしてしまえー!」の大絶叫っぷりたるや。
両ひざついて体を反りかえしながら歌ってたのもこれだっけか?
  
13. さまよえる蒼い弾丸
  
「さよならしよう」の時の手を横に振るアクションですが、その振りようったら半端なかったです。
上半身ごと振ってたなぁ。
上から見てると、ステージに円を描くように大きくくーるくる回るお姿も。
  
14. 愛のバクダン
  
この曲だけ今回思いっきりイントロからリズム隊トチり→稲葉っち入れずなアクシデンツありましたが、
楽しかったし特効(銀吹雪)もあったしいいんでないかしら。
  
15.ギリギリchop
客席はぶんぶんタオル回し。私は首を回し。
  
16.ultra soul
やっぱりラストはこれなんでしょうね。
ラストはいつもの4回し。
  
最後はやっぱり丁寧なお辞儀。
  
というわけで、演奏面もですが、稲葉っちの楽しさがビシビシ伝わってくる、素晴らしくも珍しい?ライブでした。
あふれ出ちゃってる感じ。
本当に楽し嬉しかったんだと思う。
そのほかにも、何かの曲で高音スキャットを披露したりと終始テンション高め。

なんだったかのバリーのB.ソロももはや安定のタイト&へヴィネスでしたが、
横から見るシェーンの腕の振り上げっぷりが可笑しくてしょうがなかったです。
ノージンジャー (C)TAK
どう考えても腕振り上げすぎ!たしかにパワーヒッターではありますが、毎度ながら見てて楽しく、
スティック回しも頻繁なパフォーマンス。
肝心のボスは各種ギターを曲ごとに変えまくっていたのとサングラスで序盤表情が見えなかったせいか、
落ち着いて曲に徹してた印象。エフェクタを踏みふみするあたりとかは画を抜いてくれてたんだけどな。
ニカッと笑顔の場面もあったんだよな…なんだったけな…
個人的にはレディナビやFEARのアレンジをさっぱり忘れてしまったのが悔やまれます。
どんなんだったっけか…;
迷いに迷った末に行きましたが、本当、行ってよかった…
  

転換がっつり30分くらい挟んでAEROSMITH
こちらも簡単に覚えている限りで。
B'zさんと違って床にバンドロゴマークのリノリウム
見るのはJPPツアー以来。
正直あの頃観まくったので、もういいかな的思考でしたが、ベストヒット的な選曲でしたのでそれなりに。
というか昔の記憶だけで大丈夫かしら、と思ってましたが、若いころに覚えたことは忘れないんだなと
自分でも驚きました。新曲以外は余裕で歌える(Joeソロ除く)。
あとNoMore〜もサビ来るまで忘れてたや。(セトリ省略させていただきやす)
ほかの名古屋・大阪とかではFullCircleとかもやったそうなんで、そのあたり聞きたかったなぁ。
  
頭3曲くらいまでVo.マイク音拾ってない状態…からのマリン風で流れる流れる。
たぶん本人たちも聞こえてなかったと思う。
ただし、最初、ビジョンに映るスティーブンの髪が大きく揺れるのを見て、
「あんだけ風吹いてたらそらぁ音もながれるわ」と思ってたら、単純に送風機の前に立ってただけでした☆
  
しかも後半、私の位置からは何故かアリーナ前方と後方のスピーカーで、
主にスネア音が半拍(よりも短い感じ)ディレイして聞こえるという現象が起きてまして、全体的に音響は残念でした。
  
スティーブンはそういった状況せいかちょっとキレ気味(ブラッドになんか話しかけてたり)だったように見えたんですが、
そういう感想が見当たらないので気のせいだったのかもなぁ。
あとひそかに腕に何か日本語を描くかしらと予想してたんですが、今回はそういうのはなかったです。
それでもアリーナ降りるわ、投げ入れられた帽子をかぶるわ、ドラムをジョーイの後ろから叩くわと
エンターティナーっぷりは健在。
しゃべるように歌う軽やかさも、さすがでした。
  
B'zとの共演は「まぁラストだろうな」という予想を覆し、中盤に突然MCで「TAK&KOSHI!」と呼び出されて「MAMA KIN」。
スティーブンはどっちがTAKでどっちがKOSHIかを忘れていて、逆に呼ぶ始末。
というか、途中からドラムセットに足をかけていて、あんまり絡んでくれなかった印象。
そのおかげで、
「えーと…このステージで一人取り残された僕は一体どうしたらいいんだろう…」
状態の稲葉っちを見ることができました!貴重!
まさに借りてきた猫状態!
まさにぼっち。
ただし勿論超笑顔で歌って、またも嬉しさ爆発といった感じでぐいっとボスの肩を抱いてハケて行かれました。
あ、一応ジョーは公演の最後にTAKに感謝の言葉を述べてくださいましたよ。
相変わらず弾いてたギターの絵柄は嫁だったけど。
  
何故か規制退場なく、終わったのかそうでないのかも怪しいような感じで退出したところ、うまいことB友の皆様とお会いでき、
そのまま会場を後にしました。
…まさか会場外で迂回せざるをえず、あれだけ歩かされるとは思いませんでしたが…
おかげで感想を言い合いながら暗い夜道をワイワイ帰れて本当によかったです;
  
さて稲葉っちのお兄さん、無事にAEROのサインゲットできたかなぁ…