読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモウトコロ

B'zファンサイトの管理人でしたがパスワードを見事に忘れて更新できないのでなんでもココで。ついったは@wmyss_ssymw

BarrySparks/ShaneGaalas サイン&握手会@タワーレコードビブレ横浜(0620)

Bさん

私の「握手名簿」にまた新たな1ページが刻まれました。

サポメンでおなじみ、シェーンとバリーがサイン&握手会。

まさかBさん流れで接触イベント(アイドル的言い方)開催される日がくるとは…!

てなわけで横浜に2週にわたって(1週目はCDの購入)行ってきました。

 

そして接触イベントで重要なのはそう、Tシャツ選び。

そう相手も人間、会話のきっかけはわかりやすく身に着けているものになりやすいと踏んだ私は、うちの師匠セレクトのバンドTシャツ群の中から、どこにも売ってないので個人輸入までした「SPINAL TAP」という、架空のバンドを追った偽ドキュメンタリー映画(コメディ)を選択。

スパイナル・タップ - Wikipedia

「バンドあるある」を詰め込んだ古い映画ですが、きっとシェンバリは直撃世代のはず!と。

 

待機列はビブレの建物の外に、シェーン列とバリー列で2列並列で形成。

すーっとバリーさん列最後尾に並ぼうとしたら、真横のシェーン列にK夫妻がいる奇跡。すげぇぇぇぇぇ!

お陰様で、直射日光に溶けそうになりながらも、楽しく待機できました。はー本当よかった…!

 

30~40分くらいは外で並んだと思うのですが、さすがアイドルちゃんに強いタワレコ、素晴らしい列さばきで店内へ。

なんとシェーンとバリーが並んで座っているのですギャー。

何をしゃべろうかドキドキ。

  

前の方の様子を見ながら待機していたところ、バリーさんは私の少し前の男性を見るなり、

君、会ったことあるね!Airportだな…沖縄かな?…沖縄だね!!髪切ったよね!!」と驚異的な記憶力を披露。

いや、すごいインパクトある方だったのかもしれないけど。

別の方には「そうか、友達が入院中なんだね…それは大変だ…GetWellSoon!」と、わざわざ別の紙に書いてくれるというまさに神対応!!

そうつまり、一人一人の対応時間が長い!

 

おい、いままでのどの握手会よりもすごいぞ!

 

…ほどなくして、なんとバリーさんのKIDSが登場!!

うおおおおお超かわええええええええええ!!と、どよめく会場。

椅子にちょこんと座って恥ずかしげにする姿…かわゆすぎる!

思わずシェーンもこっち見てましたw

  

という実にナイスタイミン!で私の番に。

なぜナイスタイミン!かというと、私の用意していたプレゼントはお子様向けだったから。折り紙をいろいろ詰合せておいたのです。

通訳をしていただけるスタッフさんに手渡し、整理券(サインしてほしい名前を書いておいてある)、CDのブックレットとともに提出。

「forYourKids!」と言えてよかったー^^

  

バリーさんはRiot on MarsのTシャツ着用。

私の名前を「M…ai…マイ?」と聞いてくれましたので、「そうです!えへへっへ」とかなりの緊張のあまりよくわからないリアクションをしてしまうという失態。

とりあえず、「このアルバム、まじでAWESOME!フレーズを一緒にシンガロングしたい!」と言って歌ったら、「HAHAHA-!」と笑ってお礼を言ってくれました。

一番聞きたかった「RiotOnMarsとしてショウの予定は?」って聞いたところ、もんのすごい悲しそうな顔で「うーん…いろいろやってみているんだけど…頭では描いているんだよ、だけど…」と、実現は難しそうな雰囲気。

目をまっすぐ見つめて話してくれました。

私が、「そうですか…」と言うと「いや、やる、やるよ!I HOPE SO!夢だからね!」とのこと。「楽しみに待ってます!」と答えておきました。

終わり際、握手を…とスタッフさんに促され、握手をすると、私の着ているTシャツを見たバリーさんの目がかっ開きました。

「SPINAL TAP !!! ナイス!!!」とリアクション。

「うふふー、THIS IS SPINAL TAP! (※映画の題名)」と誇張するわたくし。

It'sMY LIFE!! BEST MOVIE,EVER! ...It'sMyDream!!」と、去り際なのにものすごい食いついていただきましたw ゆ、ユアライフ!?

笑いながら娘ちゃんにもバイバイとして退散。

  

この時点で15時。

全然ハケない待機列!

一旦お茶をしてからシェーン列に並ぶことに。

結果、再度待機列に入ったのが15:50ごろ。

それでもなかなかの並びっぷり。とはいえ、バリーさんの列がそろそろ終了するタイミングでした。

ちょうどバリーさんが休憩して戻ってきたあたりで中に入っていたので、今度は「ゴメンナサイ、ゴメンナサイ」と恐縮しながら娘ちゃんと戻ってくる姿を目撃。

お客さんが娘ちゃんの名前をバリーに聞くと、娘ちゃんはなぜか、自分ではなく「これは私のダディ、あの人はマネジャー(通訳してらした方)よ!」と説明。

そして別の方が持ってたBIRTHDAY用風船を見つけて「あれ!あれ!」と目を輝かせるというカワイイクオリティ炸裂。

その方が風船を取り出して、バリーさんの誕生日をお祝いすると、会場内で「HappyBirthDayToYou~♪」合唱と相成りました。

笑顔のバリーさん、きゃっきゃする娘ちゃんww超かわいかったです。

  

さてそうこうするうちに黒いシャツをお召しのシェーンの近くへ。

どうやら腰が痛いのか、途中立ち上がったり座ったり。

お顔も疲れが見えてましたが、でも笑顔に努めるのよね…。

そしてかっこいいよね…(知ってた)。

私、とりあえず名前を…と思って整理券とプレゼントのてぬぐいを出したところ、

「SPINAL TAP !!!w いいよね!!」名前じゃなくてTシャツ呼ばれました

「今度のアルバムはまさかのプログレ風味で意外でした」と通訳していただき、「おお、そう?どうだった?気に入った?」と言われたので「ゴイス!」と答えますた。表参道のライブ行くよ!と伝えたところ、「表参道でもこのアルバム曲やるからね!」と言ってくれましたよぅ。

「楽しみにしちょります!」と握手をして退散。

たぶんこの時点で17:30ごろだったと思う…

想像以上に神対応なイベントでございました。

  

いやーアイドルの握手会はがし(体感5秒)を体験した者からすると、超神対応!でした。というか「はがし」が基本ありません。そっと握手を促されるのみでした。

しかも訳してくれるし。

超ありがたいイベント。マジで運営様超感謝ですありがとうございました。

ただ今後は握手あるなら、客に両手の装飾物外すアナウンスしたほうがいいと思いますです!(※他現場は両手をスタッフに見せてから入場)

 

今回の後悔があるとするなら、シェーンとしゃべるシュミレーションをなぜかあまりしていなかった(バリーは聞きたいことが結構あった)ので、直前ドギマギしちゃったことかな、と。

バリーのライブについては、秋のLoudParkでマイクヴェセーラが出演決定しているので、うまく話が進んでいれば何かあるんじゃないか…と思っていたんですが、あの表情からするとちょっと難しいのかもしれませぬ…いや、あきらめないよ!

SPINAL TAP-TShirt 作戦は今後も外タレさんの時に活用することにします(キリッ

  

そんなんでただでさえウキウキだったんですが、Bさんとお久しぶりの再会!&K夫妻とお引き合わせという、Bさんファンとしてメッチャ盛り上がるベストバウト的イベントも起きて、さらにありがたいことに待機列中にお声掛けいただいたりという、とにかく一日、あたし嬉しくて超ハイテンション!な日でした。

とりあえずシェーンがハードスケジュールすぎる気がするんで、どうか疲れが取れますように…