オモウトコロ

B'zファンサイトの管理人でしたがパスワードを見事に忘れて更新できないのでなんでもココで。ついったは@wmyss_ssymw

HINOTORI WOWOWオンエア

私のHINOTORIは日産スタジアム公演まででしたので、ご本人がたの言われる「色々あった」事は目の当たりにしていなかったのですが、今回の味の素スタジアム公演のオンエアにあたって大量に流れてたWOWOWのCMを見るたび、ちょっと胸の奥がキュッとなりました。

ああ、この声のことか、と。

 

福岡公演以降、「稲葉さんの声が出ていない」という話を聞いてはいたものの、ああして実際に聴くと、なるほど、皆さんが口々に不安を覚えていらしたというお気持ちが少しだけわかった気がしました。

いつもなら、倍音バリバリの、身体で響かせるようなお声が、と。

「ウルトラソウル!」とサビ終わりで叫ぶ声が、いつものように伸びていない、と。

 

いやしかし、しかしですよ、喘息を抱えて、ツアー3ヶ月回ってきた最終日であのお声なんでしょ?

逆にものすごくね?

普通無理じゃね??

と思って、感嘆した次第です。

 

我々は普段の稲葉さんが超人的であるが故に、「いつもの稲葉さんだったらもっとあんな風に歌い上げたりしてすごいのに」という観念で聴いてしまいがちだと思うんですけれど、これ、素で十分歌えてると思う。

 

勿論、こんなもんじゃない、もっとすごいんだとか、ご本人の「メンタルがズタズタズタ」になった(ハワイのトークイベントより)ほどの忸怩たるお気持ちとか、悔しさとか死ぬほどおありでしょうし、なんなら、このオンエアやめて欲しいと思われて仕方ないとは思うんですが、ボーカリストの一生として、こんな日があっても、私はおかしくないと思うんです。

 

やっぱり我らの稲葉っちはすごいカッコいいですわ。

忘れてた、「#稲葉最高」ですよ。

 

そんなわけで、WOWOWオンデマンドで繰り返し聴いているのは、その我らの愛する稲葉さんが、苦しみながら、もがいてもがいて、彼の方の生き様をこれでもかと見せつけているようであった「光芒」です。

よくぞ、オンエアしてくださいました。

 

わかんないけど、たぶん、ロックってこういう事じゃないんだろうか。

 

公演全体としては、そういう「完全無欠のB'zのシンガー・稲葉浩志にふりかかった、バンド史上最大のピンチ」に目と耳が行きがちですが、盤石なバンドでもう「出来上がりまくってる」感溢れるところに、松本さんのくだけた様子(客席の反応を十二分にご存知の上でのあざとすぎるウインクは、今後もお続けいただきますよう何卒、何卒)、稲葉さんの恋心の振り付けを最終日に間違えた上での「何ですか?」というしらばっくれっぷり、迷子B'z、などのとても人間っぽくて柔らかな側面も見られて、素晴らしい内容でした。

 

そしてあんなにも雨の龍神様として長らく君臨し続けていたのに、野外スタジアム公演で月を出し、そして「月光」を奏でる、なんていうのはなかなかない事だったのではと思っています。

 

それにしても、本公演の「Pleasure2018」の出来、めちゃんこ素晴らしくカッコいいー!

さあ、あとはパッケージ化を待つのみですね!!!!!(ほとばしる期待)

 

ハワイFCツアーよもやま話

トークショーとコンサート以外で、今回のFCツアーに関連することとか、しないこととかをつらつら書いていこうかと。つまり旅日記です。お暇つぶしに。

 

聞くところによると、なんでもオークションの空出品で商品画像を使われる、なんてこともあるようなので、本当は好きじゃないんですけど、転載防止用に画像にちょいとキャプション または なんとなく恥ずかしいセリフ を入れるようにします。

 

事前に我々参加者に送られてきたものは「トラベルガイド」。

f:id:nihaichi:20181021092612j:image

えっ!ちゃんとしてるっ!

という感想。ちなみに旅とイベントに関する事だけで、B'zに関連するような記事などはありません。

 

私は成田空港発着のコースでした。

集合場所。

f:id:nihaichi:20181015092056j:image

 

旅行中はしっかり持つようアナウンスされたネックパス。裏面にはトークショーとコンサートの座席、名前も生年月日もがっつり入っている。

f:id:nihaichi:20181023104526j:image

f:id:nihaichi:20181022095027j:image

他には記念品として、アルミ製のネームタグ(裏面に名前を書き込める)

f:id:nihaichi:20181023110551j:image

と、フォトアルバムをいただきました。

フォトアルバムは見開き2面。

片面にはお二人からのメッセージが付いていて、もう一面には自分の好きな写真を入れられる。

f:id:nihaichi:20181023105014j:image

f:id:nihaichi:20181021092651j:imagef:id:nihaichi:20181023105904j:image

 

フェス仕様のリストバンドはここでハメなければならないんですが、私もさすがに5日間付けっ放しは過去に経験なかったので、緩くするかキツくするか迷いました…まさかあんなに外すのが惜しくなるとはなぁ。

 

出発の日、東京は急に寒くなって、厚手のウインドブレーカーを着ていかなきゃなくらいの気候だったんですが、ハワイは雲は多いものの、着いた時には晴天。

f:id:nihaichi:20181017093819j:image

ホノルル国際空港(ダニエルKイノウエ国際空港)では、オレンジ色のオリジナルシャツを着たスタッフさんが我々をお出迎え。しかも大人数。

この時点で「あ、ちゃんとお金掛けてる。すげえ!」

f:id:nihaichi:20181017093958j:image

f:id:nihaichi:20181017094034j:image

f:id:nihaichi:20181018093145j:image

これは帰国の時のスタッフさんですが、お背中撮らせてください!とリクエストしたら、「どうぞ!どうぞ!」とピンって布地を伸ばしてくださいました。

この方はコンサートでも案内係として入って、「恋心」だけは見ることができたと笑顔で話してくれました。最高の上の更に最高!とも。こちらもニコニコ。

 

さて、ホテルは当選後、先着で自分で選択できたんですが、私と同行B友さんはアラモアナホテルというところへ。

ツアーデスクもしっかり設置。

f:id:nihaichi:20181017094226j:image

イベント会場の座席図や注意事項もしっかり掲示

 

トークショー」の日は朝から海沿いを散歩しましたが、雨を体験しました。どんよーり。

もはやB'z界では定例報告。

f:id:nihaichi:20181017212934j:image

ずーっと1人で波打ち際歩いていましたが、途中、「あ、ビーパの方ですね」という方々をお見かけする。

中には、泳いでる人が置いてるサンダルがエキシビションのコラボサンダルなので判明、というパターンもありました。

f:id:nihaichi:20181017213257j:image

『デッドエンド』に着いたら晴れた。

f:id:nihaichi:20181018092321j:image

 

B友さんと合流、今回唯一の物販と言っていい、B'z Party特製パイナポーケーキをゲットされていたので写真を撮らせてもらう。

ちなみに私は販売方法を適当に眺めたせいで、到着日の申請を忘れて見事に買い逃しました。

でもどうやら、後日も売ってたらしい。

f:id:nihaichi:20181020155256j:image

f:id:nihaichi:20181017214021j:image

このあとはワイキキの街中でお買い物。

噂の「B'zトロリー」が走っている。

おお、これは大々的。パスを見せれば乗れるのです。

f:id:nihaichi:20181017214139j:image

ダニエル・ホーさんと松本さんが公演したBlueNoteも街の真ん中に。

f:id:nihaichi:20181018091629j:image

コンサートの日の夕食、放心状態だったのでスーパーでご飯を買って部屋で食べました。3人でこれは多かった。

f:id:nihaichi:20181018092556j:image

あ、そうだ一つだけ空輸した食べ物もあったんでした。ポリポリ。

 

今回、目的の一つとして「人生ゲームをやる」というのがあったんですが、全然そんな時間なかったです。

何故ってレポ書いたり放心状態になったりしたからですね。

でもスーツケースに入れて持って行きましたよ!の証拠写真

f:id:nihaichi:20181020155103j:image

あと1泊くらいできたらやれたんだろうけども、3泊5日の旅では無理でしたな。

しかし、これだけはやっておきました。

f:id:nihaichi:20181020154553j:image
f:id:nihaichi:20181018092925j:image

日に焼けたからね。

 

そうそう、今回はやっぱり特殊な環境下のせいでもあるんですけれど、いろんなファンの方とお話する機会がありました。

前回のFC旅行の頃は学生で行けず、今回リベンジを果たしたという方。

エレベーターで出会った素敵な新婚さんカップルは、抽選には漏れたものの、新婚旅行でハワイに日程を合わせてやってきたという強者だったし、同じくエレベーターで私に話しかけてくれたのは、男の子のお子さんと一緒にご当選されたお母さん。「良い夜を!」なんて口からポンっと出るのは海外だからだろうな、なんて。

 

そして、なんと、とあるB友さんと「十数年ぶりに」「ハワイで」再開しました。

トークショー終わりで半泣きになりながら抱きついて、お互いあまりのシチュエーションに大笑い。

まさか、ハワイで会うなんて。

写真撮って、LINE送るねなんて言って別れたら、また翌日のコンサートで見つけてくれるなんていう。

うわぁ、あちこちに潜む奇跡。

 

そんなわけで、送り出していただいたみなさま、ハワイ情報をいただいたみなさま、ご一緒いただいたB友さん、彼の地で出会った名も知らぬ方々に感謝です。

 

なんかちっちゃいことですけど、普段着ないようなワンピース着てトークショー行ったのとか、地味に浮かれてる感が出て楽しかったですし、そもそも彼の地の空と海のポテンシャルが素晴らしすぎて、ずっと海に浮いていたい気分でした。

 

そうそう、やはりエレベーターで乗り合わせたROCK AND ROLL Tシャツの方が降りた後、残った異国の方がお連れの方と、こう言っているのを聞きました。

「なんで星のマークのTシャツ着た人ばっかりなんだ?」

…ですよね!

 

以下は食べたもの。

またすぐにでも行きたいーー!

待ってろハワイーー!

f:id:nihaichi:20181018215637j:image

f:id:nihaichi:20181019092830j:image

アラモアナホテル最上階の「signature」。ハッピーアワーはフードまで約半額の脅威と美味しさ、景色の美しさ。マッシュルームのから揚げ、あれは秘宝。

 

f:id:nihaichi:20181018215856j:image

フードトラック「IRON GRILL」のガーリックシュリンプ。10ドル50だったかな。全体的にご飯は高いです。

ご飯はブラウンライスを選択したのでこの色。


f:id:nihaichi:20181018215853j:image

ビーチを眼前に食べられる「STAKE SHACK」。にくー!2人で分けました。


f:id:nihaichi:20181018215900j:image

トークショー後に駆け込んだ「朝日グリル」のテールスープ。B友さんからの情報通り全部美味しかったです。

 

f:id:nihaichi:20181019094552j:image

あーまた行きたい…

B'zParty Presents Pleasure in Hawaii コンサートレポ(0929)

知ってると思うけど、この記事、長いですぜ!

ライブ編です。
んでもって、いつもながらのメモなし記憶のみですので諸々何卒ご容赦を。
かいつまんで言うと、「ボロボロ泣いた日記」です。

続きを読む

B'z Party Presents B'z Pleasure in Hawaii Special Event(トークイベント)レポ

今回のハワイFCツアーのメインイベントは2つ。
トークイベントとコンサート。
この「トークイベント」という、よく英断したな!という企画のレポです。
いつも通りメモなし・記憶のみだし、思ったより長かったんで言い回しや順番は特に自信がないぜ!のやつです。

にゅ、ニュアンスで感じてくだされ…

続きを読む

ハワイより愛を込めて

おかげさまで、無事にハワイFCトークイベント、そして今日のライブを観ることができました。

あっと言う間の3泊5日、明日の朝帰国します。

 

いろんな思いがありますが、まずは、お二人を始め、B'z Partyのみなさんに改めて深い感謝を。

 

詳しくレポるのは過去最大級の分量になりそうなので、少し先になると思いますが、すでにある程度はこちらにPC持ち込んで書いてありますので、できるだけお伝えできるように頑張ります。

 

というか、日本出国直前まで書いていたMETAL WEEKENDのレポもほぼ出来ていますので、こちらも今しばらく!!

台風がこれ以上悪さしませんように!

f:id:nihaichi:20180930215311j:image